Lazy-planet

LIFE | yuki ota

ゆうちょ銀行のコード変換方法【困った時のメモ】

| 0件のコメント

ゆうちょ銀行のコード変換方法に関するメモ。

「記号(5桁)」+「番号(8桁)」から「金融機関コード(4桁)」+「支店コード(3桁)」+「口座番号(7桁)」へ変換する法則があるそうです。

【要約】金融機関コードは9900、5桁の番号の2,3番目を取って8をつけると支店コード、8桁の番号の最後の1を取ると口座番号。


経理関係の仕事をしていたときに、ある振込先を見ると、銀行口座が8桁ある??と思って困っていたらゆうちょ銀行でした。

ゆうちょ銀行同士での振込だと、「記号(5桁)」+「番号(8桁)」を用いていますが、
実際にネットバンクやATMでゆうちょ銀行宛てに振り込もうとすると「金融機関コード(4桁)」+「支店コード(3桁)」+「口座番号(7桁)」を入力して振り込むことが必要になります。

あくまで総合口座の場合、とのことですが、

記号12345、口座番号12345671 という口座を例にとると、

5桁の番号の2,3番目を取って8をつけると支店コードになります。
この場合、「238」が支店コード。

また、8桁の番号の最後の1を取ると口座番号になります。
この場合、「1234567」が口座番号。

金融機関コードは「9900」なので、
「9900」「238」「1234567」が銀行から振り込む際の振込コードになります。

ちなみに、支店名は二三八支店となるようです。

相手先に確認せずにわかるので、この法則知ってると便利でした、というたまにはこんな話。


Facebook comments:

コメントを残す

必須欄は * がついています