Lazy-planet

LIFE | yuki ota

『フルサトをつくる』ちょっとやってみませんか

| 0件のコメント

9160ei7jmvL

「フルサトをつくる」は単なる田舎への移住のススメや自然主義的な地方礼賛本でもない。

 

都会のほうが面白いことが多いし、イベントごともいっぱいあるし、人も多くて賑やかだ。

でも、地方は静かで、自然豊かで、家も土地もたくさんあって、畑をやったり、空き家再生したりと、することも意外と多いし、生活コストも低い。

ここで、都会と地方、どっちがいいか、みたいな話になるけれど、どちらか一方しか選べない、なんてわけでもない。

たまに遊びに行くことができて、いざとなったら、安心して帰ることのできるコミュニティがある場所、それが「フルサト」だ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完全に田舎に移住しなくても、都会に身を置きつつたまに田舎の良さを味わう、といったように生活の拠点をいくつか持つ。
インターネットや交通網の発達、そして働き方の多様化によって、そうした生き方も十分可能になった。

田舎に実家がある人もいるかもしれないが、それとは少し異なる。
そうした血縁・地縁ほどつながりは強くないけれど、適度に気の合う仲間が集まる田舎のコミュニティ、といったイメージだ。

そんなもの本当にできるの?と思うかもしれない。
本書では、どうやってフルサトをつくるか、ということについて、実際にフルサトをつくって、一つの拠点としている伊藤氏と、それに乗っかったPha氏の二人で、自身のその実践事例を紹介している。

住む場所の見つけ方、コミュニティ・イベントの作り方、仕事の作り方(見つけ方ではない)、など。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

本書の全体を通して感じる雰囲気は「無理しない」「頑張りすぎない」という力の抜き加減だ。

ずっとその場所で暮らすとも限らない、失敗してもほかの土地はいっぱいある、一人でやらない、楽しいことを見つけながらやる、
リスクはとらない、など「移住」という言葉の重さやハードルをできる限り下げてくれている。

それでも、普通に生活をしていたら、遠くにある田舎、それも自分の実家とは異なる田舎への思いを実行に移すのは難しい。
毎日毎日の仕事があり、家事があるからだ。

伊藤氏もPha氏も、フリーランスで働いている。それぞれやってることは全く異なるが、どこで働いても働ける自由さを持っている、という意味では同じで、だからこそこうした提案ができる。
そうした働き方は、いまとても特殊なものに見えるけれど、「仕事」に関して、多くの人は固定的にとらわれすぎているのかもしれない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今やっている仕事は、そもそも、オフィスがあって、そこに毎日集まっていなければ、できない仕事なのか。
データは全てクラウド上で共有、チャットや電話・メールはLINEでもできるし、皆がパソコンやスマホを持っていれば、そして「ひとつの目的をもった集団」を形成していれば、
具体的な形で固定的な組織を作らなくても、いつでもどこでも誰もが参画できる「会社組織」は作れないだろうか。

こうした概念のほうが、ずっと新しく、面白い。

本書は、ここまで、ビジネスライクなことは書かれていない。伊藤氏は身の回りのことの延長線上で小さな仕事を複数身に着ける「ナリワイ」をオススメしているし、Pha氏に至っては、「働きたくない」である。でも、たぶんみんなが躊躇する理由はここにあるように思う。

Pha氏の「だるい」「めんどうくさい」という感覚は、一見否定的で怠惰な印象だけど、とても大切なことで、そういった気持ちを大事にしないと、どこかでストレスを感じてしまっていて、楽しいはずのことが楽しめなくなる。
彼の生き方すべてを肯定するわけでもないし、頑張っている人や、向上心の高い人を否定するわけでもないけれど、生きていることに疲れている人が大勢いるなかで、だるいなぁと思いながら、「面白い」と思うようなことを実践している彼の生活感覚はとても好きだ。
たぶん、同じ大学の卒業生なせいもある。あの大学は結構の割合で人をダメにする。そして、ダメな人のほうが面白く、価値が高いという文化が一部にあったりする。(話が逸れた・・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「フルサト」というカタカナの故郷は、新しい故郷の考え方だ。

「ちょっとやってみませんか」という軽い誘いで本書は締めくくられる。

軽い気持ちでも、意外とやれる、ということを示してくれる多拠点居住・プチ移住の本というのも面白い。
そして、そんなフルサトでの暮らしやそこに集う人たちも、またきっと面白いだろう。

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方


Facebook comments:

コメントを残す

必須欄は * がついています